Re-Vive塾

2022年、Re-Viveは新たな取組を開始します。

本気で選手、クライアントの痛みを解決できるセラピストになりたいあなたに、私たちの持つノウハウを余すところなく開示していきます。参加してくれる全員が今までの自分を超えていける、間違いなく成長できる場所を作ることにしました。

それが「Re-Vive塾」です。目的を持って学ぶ人が集まる場所を想像したとき、「塾」という形が最もイメージに近く、「学び」を提供する場としてふさわしい形態だと考えました。

Re-Vive塾における学びはテーマに沿って進められ、月に2回のオンラインミーティングにおいて解剖・運動学、臨床推論、症例報告、文献抄読などを行っていきます。

解剖・運動学

解剖学では筋・骨・靱帯・その他軟部組織の解剖学的な特徴についてお伝えしながら、運動学では正常関節運動の仕組みを深めていくことで、本来あるべき形がどのようなものであるかを理解します。更に、臨床的に最も必要とされる知識を優先的に学習する形をとれるよう、現場での活動から得られた経験を基に情報を取捨選択してお伝えしていきます。

臨床推論

臨床推論の学習では、評価の流れを基本から実施します。評価から得られた結果を整理して、問題の核心に迫る方法を学んでいただきます。評価することと、その結果を統合し解釈することを繰り返し行うことで、臨床力を高め、具体的な症例から、問題の核心を導く一本の筋道を立てる過程を詳細に学びます。問診、視診、触診、関節可動域測定、筋力測定、整形外科的テストなどの結果を用いて、それらをどのように解釈して患部に対するストレスを考察していくか、日々訓練していきます。

症例報告

症例報告では、臨床推論で学んだ方法論に沿って実際にあなたのクライアントを評価していただき、悩みを解決できるようにディスカッションを進めていきます。実際の症例を通して評価から臨床推論を立て、治療の結果まですべてが一本の線としてつながるように臨床力を高めていきます。また、現段階でみえていなかった問題点を複数の目で検討することで、異なる角度から症例の問題解決に迫る方法を与えられるよう進めます。

文献抄読

文献抄読では、論文の検索方法から読み方、臨床への応用方法まで体系的に学び、最終的には臨床で生じた疑問を定式化して論文を探せるようになっていただきます。つまり、科学的根拠の利用法を学んでいきます。教科書で学んだ疾患知識だけでは、目の前のクライアントの問題を解決できないことが多々あります。そのような場合、世界中の有識者が報告している経験は多くの示唆を与えてくれるものです。論文を読むことで足りないピースが埋まるということが数多くありますので、より精度の高い臨床推論を行うためにも文献を読む力を身に着けてもらいます。論文を読むための基礎知識として、英語のレクチャーなども講師を招いて行う予定です。

 参加形態

このような学びを進めるRe-Vive塾は、2種類の参加形態を用意しています。

つまり、コアメンバーはアウトプットの機会を通じて主体的に学び、フィードバックを得ることが可能です。また、12ヶ月のプログラム終了後は、Re-Viveへの業務依頼を優先的にご紹介させていただきますので、ともに活動していただくメンバーになっていくことも可能です。

システム

  • コアメンバー

定員:最大10名

オンラインミーティングへの参加:二週に一回、ビデオオンで発言可能

オフラインミーティングへの参加:優先的に案内(各回50%OFF)。
頻度は未定ですが年4回程度を予定。

プレゼン機会:2ヶ月に1度程度。希望があれば頻度は相談に応じます。

  • サブメンバー

定員:なし

オンラインミーティングへの参加:二週に一回、ビデオオフでも視聴可能。
(アーカイブ視聴可能)

オフラインミーティングへの参加:優先的に案内(各回20%OFF)。

プレゼン機会:なし

<料金>

コアメンバー:月額2万円(+税)

サブメンバー:月額6000円(+税)

お申し込みフォームはこちら
https://forms.gle/jajp75yPV9m8diVE6