FACILITY・STAFF

施設紹介

施設の様子

トレーニングスペース01
トレーニングスペース01
×

トレーニングスペース01

トレーニングスペース02
トレーニングスペース02
×

トレーニングスペース02

ベッド01
ベッド01
×

ベッド01

ベッド02
ベッド02
×

ベッド02

スクワットラック
スクワットラック
×

スクワットラック

Power Max VⅢ
Power Max VⅢ
×

Power Max VⅢ

Ski Erg.
Ski Erg.
×

Ski Erg.

各種デバイス(Instruments)
各種デバイス(Instruments)
×

各種デバイス(Instruments)

トレーニングスペース
清潔でクッション性も高い安心の4cmマット。転んだり転がったりも安心して実施可能なマットスペースです。基本的に裸足で利用しており、利用ごとに消毒を実施しています。ウェイトトレーニングやフィットネストレーニングを実施するときは内履きを御利用ください。姿勢や動作のチェックが可能な大型の鏡も設置しております。
ベッド
トレーニングルームとは隔絶されたスペースにある昇降電動式の治療ベッド。施術や整体はこのスペースで、トレーニングを実施する選手たちに惑わされることなく落ち着いて受けられます。
スクワットラック
ベンチプレス・デッドリフトやスクワットなど実施可能な本格的スクワットラック。20kgのオリンピックシャフトと日本性高品質のBULLアジャスタブルベンチ、ラバープレートで本気のウェイトトレーニングにも対応可能です。
Power Max VⅢ
アスリート御用達バイクといえばPower Max。このマシンを観るだけで吐き気を催すアスリートもいるのでは?最大無酸素パワーや持久力の測定が可能で、パワー、スピード、持久力の向上に最大の力を発揮します。もちろん、Weight controlや運動不足解消の道具としても活躍してくれます(^^)ご安心を。
Ski Erg.
クロスカントリースキーの滑走を模したSki Ergマシン。膝や足首に強い負担をかけることなく、全身の筋肉をバランス良く鍛えることができます。上半身と下半身を上手に連動させることで効率よく漕ぐことができ、走る動作で用いる大きな筋肉は全て動員することができます。下肢のけがでトレーニングがあまりできない選手でも実施可能で、リハビリやサーキットトレーニングの際に活躍するマシンです。
各種デバイス(Instruments)
関節の状態を改善してくれるRealine Deviceは膝や足首、腰の状態改善に大きな効果を発揮します。バランスボールやストレッチポールは背骨の動きを改善しバランス能力を改善したりすることに役立ちます。体幹トレーニングに有効なWaterbagやBosu Balance,TRXを始めとして、動きを身体に覚え込ませるspeed tool やropeのトレーニングはRe-Viveならではのトレーニング器具です。

スタッフ紹介

真木 伸一(まき のぶかず)

真木 伸一(まき のぶかず)

<資格>
理学療法士・NSCA Certified Strength and Conditioning Specialist・JARTA認定講師・リアライン・イノベーション研究会 リアライン・スペシャリスト・日本スポーツ協会公認アスレチックトレーナー
<主な活動場所>
Re-Vive・明治大学ラグビー部・一橋大学アメリカンフットボール
<指導実績>
【チーム帯同】/WJBLシャンソン化粧品女子バスケットボール部・東京大学体育会アメリカンフットボール部・学習院大学体育会アメリカンフットボール部 【個人】/ラグビー日本代表 松橋周平選手・レスリング日本代表 中村倫也選手・アイシンAW(WJBL) 近平奈緒子選手 その他ラグビートップリーガー・Jリーガー・フェンシング・スノーボード日本代表選手等多数
<Mission>
「怪我で競技を引退する選手がいなくなる社会」の実現に貢献する
平山 鷹也(ひらやま たかや)

平山 鷹也(ひらやま たかや)

<資格>
理学療法士・JARTA認定講師
<主な活動場所>
【チーム】東京学芸大学アメリカンフットボール部・鶴岡南高校野球部
【個人】小学生~社会人のアマチュアサッカー選手・野球選手
<Mission>
「生まれた環境や地域の違いによるスポーツ格差がない」社会の実現に貢献する

施設概要

施設概要
施設名
Re-Vive
所在地
〒186-0004 東京都国立市中1-18-38 オリーブビル2階
TEL : 042-849-7061
営業時間
10:00~21:00
定休日
日曜・祭日