コラム

トップリーガーのトレーニング合宿

GWを利用して、

ラグビートップリーガーのトレーニング合宿を行ってきました。

参加選手は、

リコーブラックラムズ

FL 松橋周平選手

FB中澤健宏選手

の2名。

(向かって左:松橋選手 右:中澤選手)

加えて、目白整形外科内科の理学療法士、大口先生がお手伝いに来てくれました。

テーマは、

「アジリティ能力の向上と基本ムーブメントの確認」

松橋選手は3日間、中澤選手は2日目に合流して2日間、

基本的な身体の使い方、動かし方、重心の位置や姿勢など、

徹底的に確認しました。

砂浜と芝生のグランドでは、

足下の環境が違います。

その特性を理解しつつ、

基本的な動きの中で前、横、後、上、下、

いずれの方向にも素早く動く。

姿勢を重視し、瞬時の移動における身体の使い方を理解していく作業を詰め込みました。

ラグビーといえば、

いわずと知れた対人競技ですので、

力の伝え方や、倒し方、倒れ方も。

大事な選手達ですので、

怪我しない配慮を最大限にしながら、

できる限りのことを工夫してみました。

2日目には、今回、研修センター、体育館をお借りした

亀田総合病院の理学療法士さんにも見学に来ていただき、

一緒にレクリエーションも楽しみました。

いろいろな方に協力していただき、

とにかく3日間、選手のパフォーマンス改善にしっかり向き合い、

充実した時間を過ごすことができました。

アスリートが、自分の望むパフォーマンスを最大限に引き出せるように、

怪我に苦しむことなく、

現役生活を最後まで全うできるように。

それがRe-Viveの使命です。

(練習後の天然アイスバス:リカバリー環境も良かったです^_~)

(3日間のトレーニングを終えて。右から黒い順。笑)

ご協力いただきました、亀田総合病院の山内先生、

研修センターの皆様、

ありがとうございました。