未分類

Mobility session

最近、個人的な依頼だけでなく、チームにおいてもトレーニングセッションの依頼を受けることが増えてきました。

集団を相手にすると、意識の持ち方や動きの詳細まで伝えられませんが、
「観て真似る」
というのは運動学習の過程において大変重要な機会と考え、
極力見本をみせて模倣してもらうように進めています。

 

 

 

 

こんな動きや

 

 

 

 

 

 

こんな動き

 

 

 

 

 

 

こんな動きも真似してトライしてもらいます。
ちょっと分かりづらいですが(⌒-⌒; )

 

 

 

 

集団に対するプレゼンテーションで大切なのは、

「対象は何を求めているか」

を分析すること。

彼らの求めるパフォーマンスにつながる形を提示して進めることで、

モチベーションへとつなげていきます。

どんどん体を動かす楽しさを発見して、パフォーマンスをあげて欲しい。

お読みいただき、ありがとうございました。

真木